もみの木の家

「住環境」について

昔(戦前)の住宅は、全てが自然素材でできており、床や天井は無垢材の木、壁には木の板か土壁に漆喰や聚楽の仕上げが一般的でした。
構造材から内装材まで木材はすべて自然乾燥されたもので、断熱材の代わりに土壁を塗っていました。
そのため、工期は長いのが当たり前で、中には1年かかっても終わらない現場もあったと思われます。
そんな状況を一変させたのが、高度経済成長です。
多くの国民に住宅を供給するため、国が住宅産業を支援して住宅の大量生産を奨めました。
そこで登場したのが、「ハウスメーカー」と「建材メーカー」です。

従来通りの工法や材料では大量生産は不可能ということで、工場生産に切り替わり出来たのが『新建材』といわれる、現在では主流のカラーフロアやプリント合板などです。
これにより、従来から劇的に生産スピードがアップし、加速度的に住宅が一般に普及していきました。
この新建材では「ベニヤ」を主材に使用している為、無垢の板と違って寸法の狂いが少なく、表面に樹脂でコーティングするので傷がつきにくいということで、クレームの減少にもつながりました。

それが徐々に広がり、ハウスメーカーに続いて地場の工務店でも新建材を使うようになり、スタンダードとなりました。
しかし、同時に『シックハウス症候群』という負の遺産的といっても過言ではない事象が始まったというのも事実です。

それもそのはず、当時の新築住宅に入ると「新築の臭い」がありました。
この新築の臭いは、単純に新建材から出ている化学臭です。
今から少し前までは24時間換気はどはないため、そのような家に入ると目がチカチカするほどでした。
でも、しばらくするとそれにも慣れ、気にならなくなります。

ただし、そのような環境に住み続けるとどうなるか?

例えば花粉症になったり、喘息になったりという恐れがあるかもしれません。

それから10年くらいすると、内装に使われている防カビ剤や接着剤の効果が弱まり、床表面にカビが出たり床がふわふわしてきたりします。
すると化学物質の後は、今度はカビに悩まされることになったりします。

多くの場合、カビが表面に出てくるとリフォームや新築を考えるそうです。
それで、リフォームをし、元々の床の上からまたカラーフロアを張り、また化学物質が・・・というスパイラル。
どれだけ頑張って清潔に保ったとしても、元が悪ければ環境は良くなりません。

考え方は色々ですが、我々が考える住環境とは、「住むことで人にやさしく、家族にやさしく、健康的に快適に毎日を過ごすことができる家」。
それを実現できるのが、もみの木の家だと考えています。

もみの木ハウス協会について >

ページ上部へ戻る